POSレジに関するアンケート

今さらですが『POSレジ』とは?
POSレジのPOSとは「Point Of Sales」という英語の頭文字を取ったものです。

POSレジを簡単に説明しますと、お客様と金銭のやりとりをした時点で、販売情報を管理できるシステムを搭載したレジということです。そして、その結果を蓄積、ABC分析やメニュー開発など、売上げアップや戦略を立てることが可能になるというわけです。

また、在庫管理と連携させることで、仕入のサポートや不良在庫を減らすこともできます。これにより、売れ筋の商品を仕入れて売上がアップするはずです。POSレジを使うことでお客様とのやりとりがリアルタイムで記録されるだけでなく、それが在庫管理や経営に活かせる優れものなのです。

そんな賢いPOSレジガ、実際飲食店でどれだけ活用されているのかという素朴な疑問から、今回テンポス情報館ではグループネットワークを駆使して「POSレジに関するアンケート」を実施しました。結果は以下の通り。思ったよりまだまだ導入されていない飲食店が多いようです。

 

■アンケート実施方法

全国のテンポスバスターズメルマガ会員よりメールにて回答
(有効回答数98人)

■アンケート回答者既存店舗数

1店舗 75%
2~4店舗 15%
5~9店舗 4%
10店舗以上 4%

その他 2%

 

コメント:今回の回答者店舗数が1店舗というお店が75%だったこともあり、個人経営の小型店舗での「POSレジ」活用率はまだまだ低いようです

 

コメント:テンポス情報館の「飲食店専用 iPad POSレジ & オーダーエントリーシステム tenposAir(テンポスエアー)」同様に、wifiを利用したiPad型のPOSレジが今人気が高いようです。

 

コメント:実は色々な機能を活用できるPOSレジですが、まだまだ活用しきれていない飲食店が多いようです。

飲食店経営者、店長クラスの方々の関心ごとは、「新規客・常連客作り21%」、「経費削減16%」、「人材確保15%」で50%を超え、一見すると「POSレジ」とは関係ないように思えますが、実は蓄積されたデータを活用することで新規・常連客作りのヒントが見えてきたりすることもあり、もちろん閉店後の集計作業など、見えない労力=人件費削除にも繋がると言うわけです。

そんな賢い「POSレジ」あなたのお店でも導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

最新のiPad POSレジから、お得な中古レジまで、POSレジに関することなら、なんでも「テンポス情報館」ご相談ください!あなたのお店にあったシステムをご提案させていただきます!