インタビュー「湘南藤沢」株式会社マンジャーレ

藤沢の地で創業。飲食一本、今年で20周年を迎える「マンジャーレ」

統括部長の渡邊さんの趣味は仕事とサーフィン

「マンジャーレ」という店名で南欧料理でスタートした「株式会社マンジャーレ」は現在、鮮魚を中心とした大衆酒場「楽助」をはじめ、焼き鳥業態の「ホームラン」へぎ蕎麦の「鵠庵」など直営7店舗、社内独立からの2店舗の9店舗を藤沢を中心に展開している元気のある会社だ。

今回、話を伺った統括部長の渡邉泰成さんは、関西出身で、サーフィンが趣味ということから、上京。上京というよりサーファーとして、ここ湘南は藤沢に移り住んだという。渡邉さんは以前、江ノ島の旅館などで働き、今から8年前に同社に入社、以後、毎日現場に立ち、現在は統括部長として全店を周り、“現場プラスワン”のスタッフとして同社を盛り上げている。

藤沢駅前立地で焼き鳥、へぎ蕎麦、そして大衆酒場と3フロアで3業態を展開

渡邉さん曰く、「藤沢の外食マーケットは順調だと思います。弊社では、業態を変えているのでお客様にもそれぞれの店に足を運んでいただけますし、ドミナントなのでスタッフも効率よく回すことができていると思います。」と語る。学生も多い町であることから、アルバイトスタッフも比較的採用しやすい街でもあり、とにかくこの街は「藤沢が大好き」というお客さんが多いため、固定客をつけやすく飲食店を比較的やりやすい街ということらしい。現在、各店ごとに店長を配置して、グループ店でありながらも独立性の高い店舗運営をしているとのこと。同社は20周年を迎えるにあたり、キリの良い10店舗目となる新店舗をオープンすることもあり、物件探しや業態開発など、充実した毎日を送っているようだ。

大衆酒場 さかな 楽助

17:00~24:00(L.O.23:00)年中無休

神奈川県藤沢市南藤沢3-6 三丸藤沢ビル 2F

☎︎0466-24-1194

https://mangiare-inc.jimdo.com/